【朝食】朝ごはんを食べない小学生が落ちこぼれる理由とは!

小学生が朝ごはんを食べないと大変なことに…

あなたのお子様は朝ごはんをきちんと食べていますか?

最近、朝ごはんの重要性は誰もが理解していると思います。

しかし、なぜ大切なのか具体的にどうすればいいのか

それを今回紹介していこうと思います。

朝ごはんを食べないのは馬鹿がすること!

小学生だけに限らず、どの世代でも朝ごはんは絶対に食べるべきです。

「めんどくさい」「時間がない」

そんな理由で朝ごはんを食べない人は馬鹿です。

文部科学省の調査で朝ごはんを食べない小学生と朝ごはんを食べる小学生を比較しました。

すると、運動と勉強、どちらにおいても朝ごはんを食べている小学生の方が数値が良かったのです。

例えば、50m走のタイム・持久走・各教科での点数・その他諸々。

他にも、東北大学の調査によれば、年収1000万円以上の人のうち82%が、仕事のある日にほぼ毎日朝食を摂っています。

また、朝食を摂らない人は、年収300~500万円未満の人が21%。それ以上の年収の人に比べて3~4倍の人が朝食を抜いていることがわかりました

これを見て、朝ごはんを食べない人がいるだろうか。いや、いない。(漢語風)

朝ごはんを食べないんじゃなくて食べれないんだ!

こういったお子さんもいるはずです。

朝は食事が喉を通らない。

そういった経験は大人になってもあります。

その原因の多くを占めているものを紹介していきます。

就寝時間が遅い

これが大きな理由となっています。

大人でも同じですが、睡眠時間が減ると朝はギリギリまで寝てしまって朝時間がないということありますよね。

なぜ就寝時間が遅くなるのかは人それぞれですが、習い事で帰宅時間が遅かったりスマホを夜遅くまで触っているなどが主な理由に挙げられます。

びっくりするぐらい当たり前のことですが、規則正しい生活が大切だということですね。

間食が多い

小学生ぐらいの子供はお菓子を好んで食べる傾向があります。

確かに、ポテチとかついつい食べちゃいますよね。

夜に間食してしまうと、次の日は胃がもたれて食べれないですほんとに。

なんで朝ごはんを食べたら良いことがあるの?

先程、朝ごはんを食べる小学生が、運動・勉強の数値が良かったことを紹介しました。

では、なぜそうなるのか気になりますよね?

朝ごはんは脳と身体を起こす!


夜ご飯を食べてから朝起きるまでにも人は多くのエネルギーを消費しています。

もし、20時に夜ご飯を食べて、7時に起きたとします。

すると、11時間も何も食べていないことになります。

そのまま、朝ごはんも食べずに12時まで何も食べないと、16時間も何も食べていません。

そんな状態で元気に活動できるでしょうか?

普通はできませんよね?

だから朝ごはんは絶対に食べるべきなんです。

集中力・作業効率が大幅にアップ!

人間の集中力はブドウ糖が脳のエネルギーとなることでアップ。

ブドウ糖は炭水化物を食べることで摂取できます。

朝ごはんを食べると痩せやすい体質になる!

朝ごはんを食べていると基礎代謝が上がります。

基礎代謝というのは何もしていなくても消費するエネルギーのことです。

それが上がれば、痩せやすい身体になります。

つまり、朝ごはんをしっかり食べればダイエット効果もあるということです。

ダイエットと言って朝ごはんを抜いている子がいたらあざ笑いましょう。

小学生はどんな朝ごはんがいいの?

まずは理想の朝ごはんを紹介します。

・主食

お米・パン

・主菜

肉・魚・卵・納豆・豆腐など

・副菜

野菜・海藻・きのこ・果物など

・汁物

味噌汁・スープなど

栄養バランスなどを考えるとこの形が理想です。

簡単に朝ごはんを準備する一工夫

先程、理想の朝ごはんを紹介しました。

でも!

これを毎日はしんどい。無理。眠い。

じゃあどうするのかって話ですよね。

その対策を紹介します。

すぐにだせる食品を置いておく

納豆、冷奴、ツナ缶などの調理をしなくてもいい食材を一品にすることで、わざわざ作る手間が省けます。

栄養価も高いので結構おすすめです。

作り置きをする

前日の夕食を作るときに、一品でもいいので作り置きしておくことで次の日の朝はサボれます笑

自分は朝に楽できるし、子供はバランスの良い食事を摂れる。

一石二鳥ってやつです。

まとめ

小学生にとって、むしろ人間にとって朝ごはんは必要不可欠であることをわかってもらえたと思います。

ひと手間かけるだけでいいので、朝ごはんを良いものにしましょう。

最初のコメントをしよう

必須