イージーブーストの生みの親「カニエ・ウェスト」ってどんな人?

「カニエ・ウェスト」。名前は知ってるけどどんな人なのかは知らないという人も多いのでは。

「カニエ・ウェスト」は決してadidasのデザイナーというだけではありません。

カニエ・ウェストとは一体どんな人なのかを簡単に解説していきます。

ミュージシャンとしてのカニエ・ウェスト

1977年にアトランタで誕生。3歳の時に両親が離婚し、大学教授の母とシカゴに移住。母の転勤で中国に住んでいた頃はいじめを受けていた。この頃アートに興味を持つようになる。

2000年美大に在学中にプロデューサーとして契約。音楽活動を本格的にするために大学を中退し、2001年にはJay-zの「The Blueprint」に関わり、名が売れ始めた。その後は多くのアーティストに楽曲提供するようになった。

2004年には「The College Dropout」(大学中退)という名で自らもラッパーとしてデビュー。G.O.O.D. Musicという個人レーベルを設立する。

2005年に2ndソロアルバム「Late Regstration」が全米1位を記録。グラミー賞でも8部門にノミネートし、3部門を受賞した。
これ以降、ソロアルバム発売の度に全米1位を獲得することになる。

2007年に最愛の母を美容整形手術中の事故で無くす。婚約者とも破局し、パパラッチへの暴行騒動で大批判を受け、私生活が乱れていく。

2008年、私生活を反映したアルバム「808’s & Heartbreak」をリリースし、オリコンチャート全米1位。

2009年にはMTVビデオミュージックアワードで、ステージに乱入したテイラー・スウィフトのスピーチの最中に、泥酔した状態でステージに乱入。
「おめでとうテイラー。でもビヨンセのビデオがベストだ!」と叫ぶ。
テイラーはショックを受け涙ぐんでしまい、観衆からはブーイングを浴びた。

そんななか201年に発売した「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」は批評家や音楽ファンから大好評。
グラミー賞のラップ部門4つを独占し実力を見せつけた。

2013年の6枚目のソロアルバム「Yeezus」は自身最多の5ヵ国で(アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド)チャート1位を達成。

2015年には7枚目のソロアルバムとなる「So Help Me God」の制作を報告。タイトルは「SWISH」「Waves」と二転三転したが、2016年に「The Life of Pablo」として発表した。

ちなみに現在2020年大統領選挙への出馬を表明している。

カニエ・ウェストとファッション

カニエ・ウェストが着用したアイテムはほぼ必ず大人気になります。

それほど影響力がある人物なのです。

そんなカニエ・ウェストとファッションの関わりを説明していきます。

NIKE時代

カニエ・ウェストは、2009年からナイキとタッグを組みカニエ・ウェストがデザインしたトレーナーは即日完売が当たり前となっていました。
そして、あの有名な「NIKE AIR YEEZY」というモデルを発表。
このスニーカーは、大人気となり即完売。現在ではプレミア価格がつき、20~50万で取り引きされています。
高いスニーカーといえばエアイージーというほどのスニーカーになりました。

新作スニーカーが発売される度に即日完売し、「NIKE AIR YEEZY 2」は、海外で日本円にして720万円で落札され、この人気ぶりは社会現象となりました。

しかし2013年にデザイン料の問題でナイキと確執が起きてしまい、ナイキとカニエ・ウェストの契約は破棄されました。

adidas時代

ナイキとの契約破棄の後、アディダスと新しくタッグを組みました。そして2015年に「YEEZY」というブランドが誕生しました。

コレクション名は「YEEZY Season1」から始まり、現在は「YEEZY Season3」まで発表されています。

カニエ・ウェストといえば音楽よりも、イージーブーストという人もいるのではないでしょうか。

それほど人気の出るスニーカーを出し続けられるデザイナーとしてもカニエ・ウェストの才能は疑う余地がありません。

個人的感想

ただのすごい人やん。音楽でも超一流。デザイナーとしても超一流。

絶対に世界史の教科書載る人。

僕は知ったのはスニーカーからなんですけど、スニーカーを楽しんでいたらカニエ・ウェストのことが気になって調べていくうちに音楽も好きになってました。

問題児として有名なカニエ・ウェストですけど、本当に魅力的な人物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です